嵐山の育てた4人のハンター(合成SS)
ドンドルマカレンダーの残骸

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

俺の屍で酒を飲め

カテゴリー: 雑記

いきなり12月並の寒さになったりして、歳とってくると体が順応できずにしんどくなってきますが、さらに年に一度の健康診断が近づいてきたので肝臓Safe Hold Mode(いわゆる断酒状態(^^;)に突入し、鍋&酒で体を温めたりアルコール消毒できずに悶々としている嵐山です。

先日来、据置のプレステはお休み状態で、PSP版でリニューアルされた俺屍をやっておりまする。
俺屍

このゲームは、1999年にプレステ用として発売されてて、リリースされてしばらくしてから買って、一時期ズッポシとやりこんでたことがありました(とはいえdosほどではありませんでしたが)。それが、リニューアルされていろいろとパワーアップされたようで、期待と懐かしさから早々に尼でポチっちゃいました。

或る意味育てゲーではありますが、長くとも寿命は2年、月単位でゲームが進むので最長で24ヶ月。早けりゃ1歳6ヶ月で天に召されることも(T_T)。しかもそのうち最初の2ヶ月は自習or訓練で出撃できないとか、家族の誰か一人が交神(人と交われない呪いのため神様とヨロシクいたす(*^-^*;))する月も出撃できない、などといろいろな制限がある仕様となっております。
なので、職業構成や成長度合いを考慮しながら、子作りしたり、金稼いだりしつつ、ボス戦に臨むタイミングでいい具合に育ったメンバー構成になるように、中期的な戦略を立てたりする必要があったりします。


ま、MH2もそうでしたが、このゲームも口に合う・合わないはあることでせう。



ちなみに、その他にやった育てゲーといえば、サカつくとかダビスタですかね。
サカつくは2006年のヨーロッパのが最後で、それ以降はやってません。
ダビスタは、ファミコンの全国版からやり込んでましたが、PS2版の04が最後。それ以後に発売された携帯機とかは、肝心のレースが理不尽な仕様みたいだったので、巷の評価を確認した時点で買わずにスルーしてます。


というわけで俺屍でありますが、できればスクリーンショットも撮っておきたいところではあるのですが、うちのPSPはちょっと古いSCP-2000シリーズってやつなので、映像出力がD(プログレッシブ)かコンポーネントしかありまへん。
でもって、うちのTVは10年モノのSONYのトリニトロンで当然D端子もコンポーネント端子も無し。
地デジチューナとしても使っているTOSHIBAの一昔前のレコーダ、REGZAどころかVARDIAですらないRDシリーズも、入力用のD端子はあるもののD1のみ(480i インターレース)。

なのでゲーム画像は載せられまへんw。
それに、一応モンハンネタメインのBlog故、あんまし攻略記事を載せる気もないでげす。


とりあえず、子作りローテーションについてだけさらっと。

確実性なら3ヶ月ローテ。
例え夭逝したとしても、それまでに確実に子供を作って奥義を伝承することができます(奥義は親が直仔に訓練することでのみ継承可)。
赤字は交神。ベージュは訓練。水色が実働期間。出撃部隊は最大4人。
3ヶ月サイクル

ただ、3ヶ月ローテだと実働期間が12ヶ月で、素質のある子だともうちょっとがんばりたくなるというもの。なので4ヶ月もアリかと思いますが、これだと子作りしても奥義伝承前に昇天しちゃうこともあるので注意が必要。
4ヶ月サイクル

実は、昨日まで3ヶ月ローテでウマいこと回してたのに、朱点討伐前にエラく素質のある子が生まれたことで色気を出したところローテが乱れ、無事後半戦に突入したものの5ヶ月の間にひと月おきに3人が立て続けに天に召されるという事態が発生して、現在は家族崩壊の危機を脱するのが優先課題となっている嵐山家なのであります。





でもって。


合間にちょろっと、相変わらずdosもやっとりますんで(^^;。
久しぶりに手応えのある一戦で、脇の下に汗かいちゃったりなんかしちゃったりしますたw。
霊刀魔黒でディア

2011/11/23(水) 23:20 | trackback(0) | comment(0)











管理者にだけ表示を許可する
http://mhwoyage.blog55.fc2.com/tb.php/436-5a2a5164
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。