かつて黄昏のドンドルマで超スローペースでMH2なんぞやっておりましたえぇ歳こいたヲヤヂが、今はアステラ(MHW)へ転進、相変わらずのソロ三昧で狩りしておりまする

  をやぢモンハン録のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> MH2日記 > HR40試験#4 ヤマツカミ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HR40試験#4 ヤマツカミ

2009 - 07/19 [Sun] - 19:32

三連休だというのに関西のお天気は芳しくなく、豪雨やら落雷やらといった梅雨の大荒れ状態にもめげず、試験を終わらせるべくドンドルマへと出撃する嵐山です。

ついにHR40試験も最終戦、まだ見ぬ強豪(?)ヤマツカミです。

とりあえず情報を探してみる限りは、超絶で触手だか触角だかに攻撃をして、ボディプレスと大雷光虫にだけ気をつければ楽勝みたいな感じだったのですが、人様の試験で予行演習とかすることができなかったので、今回が全くの初見というのが不安の種。

まずは、子連れ男爵様のBlogを参考に、ドスゲネ装備を一式揃えてみました。スロットが空いているので、研磨珠を入れて高速砥石も発動させてます。
対麻痺装備
装備

とりあえずは、一発でクリア出来ずとも構わないという感じで、様子見がてら出撃。

と思ったら、いきなり強走G忘れてるし....w。
しかし、塔のてっぺんでの待ち時間が長いようなので、とりあえずはマカ壺埋めて凌げるのではないかと楽観視。
壺を埋めて待つ

でもって、3つ目の壺がそろそろ煮え上がりそうな19分経過時点で、ようやくご登場です。
ヤマさん登場

空に浮いてるばっかりで、画面にもほぼ足がぷらぷらしてるだけなので、ほとんどSS撮る気にもなりませぬw。

とりあえずは、適当に触手だか触角だかに乱舞して、ボディプレスで落下した直後にはできるだけ顔面に乱舞。それの繰り返し。
顔で乱舞

時折、大あくびをして大雷光虫を放出。
噂に聞く、これがかなりのくせ者。ヤマツカミ自体からのダメージは、ボディプレスさえ避ければ全く無いのですが、大雷光虫からのダメージはマジでハンパがありません。麻痺無効装備のお陰でビリビリ状態になることはありませんが、体力はあっという間にガシガシと削られていきます。

というわけで、ボディプレスを避け損ねたところに大雷光虫に絡まれて、あえなく1死。

戦闘再開するも、なんか効いているのか効いていないのかさっぱり分からない手応え。おまけに上昇されてしまうと手も足も出ずに時間がただ過ぎるだけだし。

そうこうするうち、マカ壺掘っているところにプレスを喰らって2死目。

リタイアしようかとも思いましたが、まだアイテムは残ってるし、残り時間も少ないので、もうちょっと粘ってみることに。

戦闘を再開し、相も変わらずヒレ攻撃してたら、最初にして最後の落下ダウン。
ここぞとばかり顔の正面に位置取って、乱舞、乱舞。
エラく長い時間のたうち続けるヤマさん。

と思ったら、あっけなく終了のお知らせ。苦しげに天に伸ばされた2本の触手が哀愁を誘います。
終了です

なんだかよく分からない戦いでした...w

しかしまぁ、とりあえずはHR40試験もこれにて終了と言うことで、めでたくHR41突入、上位古龍解禁と相成ったわけであります。
そしてHR41へ

さてさて、さっそく街防衛戦(テオ・ヤマ)行ってきましょうかねw。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mhwoyage.blog55.fc2.com/tb.php/203-9800cf18

 | HOME | 

Profile

エル嵐山 (El.Arashiyama)

主:エル嵐山 (El.Arashiyama)

EL : tacozbo

学生のときに最初のファミコンブームに乗ってしまい、以来30年以上家庭用ゲームから離れられないでいる親爺(京都在住)です。
ひょんなことから発売して2年以上も経ったモンスターハンター2をやり始め、何だかんだで7年程ものめり込み。Triも一応オフのみ一通りやったものの...。以来狩り場からは離れていましたが、晴れて発売日からのMHWで復帰。ずるずるとモンハンワールドにハマり込んじゃっております。




このサイトはLinkはFreeですし、カレンダーとか時計とかもお好きに持ってってくださっても結構であります。但し、思いつきで改造したりしますし、何か問題が起こったとしても責任は持ちかねます(キリッ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

Links

天気予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。