嵐山の育てた4人のハンター(合成SS)
ドンドルマカレンダーの残骸

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

Google Calendar

カテゴリー: 雑記

豚インフル騒ぎも関東にも飛び火し、過剰すぎる騒ぎもようやく落ち着きを見せ始めたものの、客先の若い技術者が季節性のB型インフルを発症してしまい、まだまだ戦々恐々な嵐山です。

最近、Google Calendarの文字化け関連でここを訪れる方が後を絶たないので、うちでやっている文字化けの対処法を改めて記しておきます。



Google CalendarにURL指定(即ちhttp)で日本語を含む外部データを取り込ませる場合、文字コードを明確に指定しておかないと正しく認識されないということで、Content-Typeヘッダにcharsetを追加してやる必要があります。

具体的な方法としては、php等が使えるインターネット上のサーバにGoogleから参照させるカレンダーデータを出力するスクリプトを用意し、Httpのレスポンスヘッダにcharsetを出力する形になります。

うちの場合、「モンスターハンター2 カレンダーデータ」さんとこのデータを取り込ませてもらっています。当初は、直接スクリプトからhttpでデータを取得し、ヘッダを加工してレスポンスを返す、いわばproxyにしていましたが、先月末からデータが正しく取得できなくなっていることから、一旦データを取得したものを保存しておいて、Googleからのリクエストには保存しているデータを返すようにしています。

イベントカレンダーデータの場合、ファイル名をevent.datとして文字コードをUTF-8で保存しておき、次のような簡単なプログラム経由でGoogleに取り込ませています(Google Calendarに設定するURLは、http://hoge.jp/event.phpとかになります)。

[event.php]
header('Content-Type: text/calendar; charset=utf-8');
$sFile = '../data/event.dat';
readfile($sFile);
?>


季節と特売に関しても同様です。

(09.5.26追加)
過去記事はこちらからどーぞ。

2009/05/23(土) 23:24 | trackback(0) | comment(0)











管理者にだけ表示を許可する
http://mhwoyage.blog55.fc2.com/tb.php/177-fac3f888
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。