嵐山の育てた4人のハンター(合成SS)
ドンドルマカレンダーの残骸

為せばなる

カテゴリー: MH2日記

春の陽気にぼぉっとしてたら、いつの間にやら街に古龍襲来!しかも、今までのようにログイン後に襲来期間が表示されないで↓こんなんが出っぱなしということで、Google Calendarにもbotにも反映できずに困惑している嵐山です。重要なお知らせ

とりあえずは錆クシャとシェン。

テオを期待してたのに...。

そもそも、果たしていったいあと何回古龍は襲来するのやら。テオが来ないという可能性だけは考えたくないところであります(;_;)。

とりあえずは、折角なのでまだソロクリアできていない街シェンに勇弓しょって行ってみました。

read more...
2011/02/28(月) 23:46 | trackback(0) | comment(0)

行けば分かる

カテゴリー: MH2日記

この道を行けばどうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となる
迷わず行けよ。
行けばわかるさ、バカヤロー、ダァーッ


・・・嵐山ですw。


ハント歴やモンスター情報にて確認することの出来る討伐数。
気が付くと、ランポスの討伐数が 9,000を越えておりました。確かに、雑魚の中でもサブターゲットになってたりもするし、簡単に駆除できるということもあって知らず知らずのうちに数をこなしていたのかもしれません。同様にランゴも 8,700程とかなりの数。

ふと思ったのが、討伐数に上限はいくつか?ということ。

いくら何でもコンピューターの内部で保持しているデータなので、某かの上限が存在するのは確実です。
ありがちなパターンとしては次の2通り。


①10進数での桁数による上限

既に判明しているものでいえば所持金。
10進数で7桁「9,999,999」が上限になっています。

現状、討伐数は少なくとも4桁はあるので、4桁を上限とするならば「9,999」がMAXということになると思われます。


②内部データのバイト数による上限

1バイトであれば 255までになってしまうので既にover。
2バイトであれば 65,535までは可能。


というわけで、ランポスの討伐数の上限に挑んでみました。
read more...
2011/02/27(日) 01:32 | trackback(0) | comment(2)

祖龍討伐!

カテゴリー: MH2日記

ふと気が付けば来週はもう3月。
年が明けてからの1月2月3月は、居ぬ逃げる去るとも言われる通りあっという間に過ぎてしまうという感がありますが、そんな早さで流れ去る日々と共にMH2オンラインの終了も近づきつつあり、祖龍イベントも今回を含めてあと3回、9日間しか残されていないということで、諦めかけていたソロクリアにも再び挑戦してみようかと企んだ嵐山です。

弓師の人に言わせれば勇弓を使えばラクショーということらしいのですが、私の腕ではクリティカルスパークの出ない龍属性の弓で適切な距離を保ちつつ確実にタメ3を当て続けるなんざ至難の業。とはいえ今さら近接系で立ち向かう根性も無し。

というわけで、結局は爆弾頼みの高級耳栓+ボマー装備にて勇弓で行くことに。

read more...
2011/02/25(金) 01:16 | trackback(0) | comment(2)

蟹さんの置きみやげ

カテゴリー: MH2日記

ここのところ3月下旬並の春の陽気になっていますが、毎日多くの時間右手がマウスホールドモードになっていることによる右肩の凝りが原因なのか、右手の手首から先が冷え症気味で、最近は右手にだけ保温用手袋をしていることが多い嵐山です。字を書いたり細かい作業等が必要なときは、左利きなのでとくに困らないっちゃ困らないんですが...。


さて、果たしてあと何回来るのか分からない砦のシェンですが、いつものようにマカ壺で強走Gの備蓄を作るための時間稼ぎ用として名人+勇弓でさっくりと倒してきました。

read more...
2011/02/23(水) 01:06 | trackback(0) | comment(0)

時は来た!

カテゴリー: MH2日記

増刊たかじんのそこまで言って委員会で、2005年に収録されてお蔵入りしていたという元小結板井の大相撲暴露話にて、「最近は昔に比べてガチンコの割合が高くなってきていて、見てて面白い。しかし、人気は胡散臭い取り組みが多かった昔の方が高かった」という話から、一瞬プロレスもそうやねぇと思ったものの、考えてみりゃ2000年以降生観戦してないし、プロレス・格闘議界は2000年(90年代半ば?)以降団体やらルールの乱立、選手の移籍やら引退やら復活やらで、もはや何が何やら訳分からんなぁと思いつつ、4/8の両国(プロレスちゃうやん)には行けるものなら行きたい嵐山です。


さてさて、2011年2月19日午後10時40分、いよいよ時は来た!



ちなみに「時は来た」とかでググっても、故橋本真也の'90年東京ドームでの台詞ばっかり釣れてくるけど、(確かそれよりも前)新日・田中リングアナ(ケロちゃん)が何かの試合(因縁だったか待望されたカードだったか)のコールの際にやった「19xx年x月x日x時x分 時は来た!」というのが印象に残っておりまする。1988年8月8日の猪木vs藤波60分ドローで「猪木引退か?」ってなったときだったかな...。

read more...
2011/02/19(土) 23:48 | trackback(0) | comment(0)